平井堅は牧師に見えるのだが気のせいだろうか。

f:id:yassanad:20170919100344j:plain

平井堅が牧師に見える…


平井堅ってハーフ顔だよな。それにしても渋い顔しているなと思う。


それはさておき先日久しぶりにTSUTAYAに足を運ぶと平井堅の新作アルバムが出されていたのでレンタルした。



歌バカ2である。
シングルコレクション、計4枚組でかなりのボリュームになっている。
初回盤と通常盤とあるのだが全シングル曲が収録されている3枚のCDにプラスして録音された10曲入りのアルバムがセットになった4枚組の初回盤Aをお勧めしたい。

なぜなら、デビュー時から現在までの平井堅の音楽の幅広さを知るには全シングルが収録されている方が、今までの歴史も含めわかりやすいからだ。


歌が上手いことはもちろん、曲も様々なパターンがあって飽きない。

曲もなかなか凝っている曲も多い。


アルバムに収録されている曲で個人的に好きな曲をあげてみる。

まずは1曲目、POPSTAR。
かなり有名な曲だ。明るい曲調で好き。



[平井堅 POP STAR@Ken's Bar 2011 - YouTube




2曲目。
魔法って言っていいかな?である。
声の振り幅が素晴らしい。もはやJPOPの域を越えているかもしれない。笑




平井 堅 『魔法って言っていいかな?』MUSIC VIDEO(Short Ver.) - YouTube



3曲目。
瞳をとじて。これまた超有名な曲である。平井堅の中では1番好きな曲かもしれない。結局私はミーハーなのだ。



平井堅 瞳を閉じて - YouTube





個人的には一昔前の曲が好きである。最近出された曲はまったくわからない。
学生時代は狂ったようにロックばかり聴いていたけどやっぱりJPOPは良い。
日本人ならJPOPを聴こう。

ランニングシューズには汗と涙と臭いがつまっている。

f:id:yassanad:20170915101225j:plain



どうも。絶賛ランニング中のまーしーです。



昨今のマラソンブームには目を見張るものがあり走っている人をよく見かけるようになった。
そんな市民ランナー必須のアイテム、ランニングシューズ。スポーツ用品店に足を運ぶとシューズコーナーにもランナーと思われる方々がたくさんいる。
きっとスポーツ用品店のシューズ売上も市民ランナーが増えおおいに伸びていることだろう。
そんなランニングシューズにはランナーの日頃の血の滲むような厳しい練習の汗と涙がつまっているのだ。さらにもう1つ忘れちゃいけないものがある。臭いだ。
雨の日も風の日も我々市民ランナーの脚となり酷似され続けているシューズにはエッジのきいたスパイシーな臭いが染み着いているのだ。

とある日。いつものようにランニングから帰ってきてシューズを玄関に置いていた。


「なんか玄関臭いな…」

と奥さん。

「え、そう!?」

と私。
シューズを手にとり匂うを嗅ぐ。

「うわ、くせー」

きっとこれはインドカレー屋さんへ入ったとき店全体を覆っているカレーの超良い匂いを嗅げるように、私の家を訪れた人も玄関へ入っていきなり良い匂いを嗅げる状態になっていたのだろう。


f:id:yassanad:20170917090825j:plain




これはまずい。とりあえず不快な臭いを無くすためにシューズを洗う事に。


用意するものは

バケツ
中性洗剤
ブラシ



シューレースやインソールなど取り外しできるものはすべて取り外し、汚れが浮くようにしっかりとシューズに水を染み込ませる。

次に中性洗剤を使ってブラシなどで汚れを落とす。ブラシは使い古した歯ブラシなどでもいいかと。強く擦ってしまうと傷や型崩れの原因になるので、丁寧にやさしく落としていくのがポイントである。汚れを落としたら十分すすぎをする。

インソールは基本的に水洗いしないので、汚れが目立つ場合は柔らかい毛のブラシなどで水を流しながら洗い落とす。堅い毛のブラシを使用すると表面の生地に傷が付きはがれやすくなってしまうので注意が必要である。


f:id:yassanad:20170917220856j:plain


洗った後はインソールと共にしっかりと水分がなくなるまで日干ししよう。

私のシューズはこれで匂いがかなりましになった。

日々の身体のケアも大切だけどシューズや日頃お世話になっているランニンググッズも大切に扱って長いマラソン人生を楽しみましょう。

ここ最近の練習記録

最近の練習記録

疲労骨折完治後は割りと順調に練習ができている。脚の調子も悪くはない。
頑張りすぎない練習メニューに見直したおかげかな。



月曜日

早朝5時 起床 5時半 スタート。
ゆっくりキロ6分〜7分ぐらいで疲労抜きジョグ。

火曜日

月曜日と同じく早朝からキロ6分〜7分で疲労抜きジョグ。

水曜日

インターバル or 10キロペース走。
インターバルはキロ3分半前後で5本ぐらい。
ペース走は調子にもよるがキロ4分〜4分半前後で。
ポイント練習は就業後に行うようにしている。
スタミナアップの為にインターバルはもうすこし本数を増やしていくつもりだ。

木曜日

休養 or 早朝、疲労抜きジョグ5キロ〜10キロ。
疲労抜きの距離はポイント練の追い込み度合いと疲労度合いで決める。

金曜日

早朝、疲労抜きジョグ10キロ or 調子が良ければ10キロビルドアップ走。
ビルドアップは3〜4キロ事にペースをあげていく。
入りはキロ7で徐々にあげて最後はキロ5分前後ぐらい。

土曜日、日曜日

朝、長距離ペース走かLSD
LSDはペースを気にせずのんびりと走る。ペース走はキロ4分半〜5分前後で。
土曜か日曜どちらかは完全休養で。



この1週間のメニューと平行して筋トレ、体幹トレも行っている。もちろんストレッチは毎日欠かさない。
マラソンの後半でバテない為にも下半身だけではなく上半身の体幹などは重要になってくるのではなかろうか。


今後の目標と出場レース予定


とりあえず今のスタイルを崩さずポイント練習の強度を少しずつあげていくつもりだ。インターバルは10本を目標に。ペース走はキロ4分を切れるようにしたい。(ちなみに10キロベストは41分)
体幹と筋トレも欠かさず行う。



出場レース


11月 神戸マラソン
12月 三田国際マスターズ ハーフマラソン

この2本だてで。
怪我なく次のマラソンシーズンを迎えていきたいところである。
とりあえず神戸の目標は2時間50分。友人に速めに設定しておいたらベストが出ると言われたので。
ハーフの目標は1時間20分といったところか。
どちらも私にとっては未知の世界だ。

目標だけは高くて身体が追いついていかないまーしでした。

f:id:yassanad:20170912124333j:plain

そういえば自己紹介していなかったので管理人について書いてみよう。


f:id:yassanad:20170908124234j:plain


自己紹介である。

そもそもこんな記事誰が読みたいのかわからないがブロガーにとって自己紹介は必須とか聞いたので仕方なく私についての記事を書いてみようと思う。



経歴

私など対して人に誇れるような歴史などない。強いていうなら大卒後アメリカのゴールドマンサックスに意気揚々と入社して心身共に消耗して3年で帰国。帰国後都市銀に勤めるも地元が恋しくなり地元で市長を密かに狙いながら不動産投資で自由に生活している。













いや、嘘だ。





ほんと書く事がない。

幼い頃からのらりくらりと生きてきて今は底辺薄給サラリーマンをやっている。薄給なので毎日ヒーヒー嘆きながら生活を送っている。こんな駄目リーマンの私にも大事な家族がいるのでそう簡単に仕事を辞めるわけにもいかず、働かずして収入を得て (所謂不労所得) 毎日マラソンと読書に明け暮れたいなどとありえもしない夢を想い描きながら会社通いを続けている。夢はフリーダムだ。



f:id:yassanad:20170910104954j:plain




住まいは地方の田舎なものでなんだかんだと人付き合いがあり、忙しいながらもそれなりに充実した生活を送れているのではなかろうか。




基本情報


私の成分はマラソンと読書が大多数を占めている。そう、マラソンと読書をこよなく愛しているのだ。
ブログタイトルは多趣味人間と謳っているがほとんどこの2つがメインの趣味と言って良いだろう。タイトル変えようかな。

ブログに関してはマラソンの練習記録や本について、後は日常生活で思った事や感じた事などつらつらと書いている。
基本的に文章力がないため駄文しか書けない。こんなブログを読んで下さる方、ありがとう。そして私に文章力を授けてくれ。




さあ、ここまで書いたがやはりクソつまらない記事となってしまった。こんな記事誰が読むのかわからないがこれからものんびりとブログ更新していこうと思うので宜しくお願い致します。

今までやってきて面白かった趣味や遊びを紹介する。

f:id:yassanad:20170901125529j:plain

幼い頃からの面白かった遊びや趣味を振り返りながらあげてみようと思う。


好奇心旺盛で色々な事をやってきたから全部は書ききれないので10個に絞る。


それでは






サイクリング

f:id:yassanad:20170901123838j:plain



サイクリングといってもガチのロードバイクなどでやっていた訳ではない。天気のいい日などにちょっと気分転換がてらに普通の自転車で走っていただけである。サイクリングは春、秋ぐらいに行うのが1番気持ちいい。
最近ちょっとクロスバイクが欲しい。



釣り


f:id:yassanad:20170901124905j:plain



ほとんど川か池釣りしかしたことがなかったがやりだすと楽しい。どんな餌を使うかなど魚との駆け引きが面白いのである。ずっと海釣りも行きたいと思っていたけど結局行けていない。





登山

f:id:yassanad:20170902070807j:plain




登山は学生時代に少しだけ山岳部とやらに入っていた時期がありその延長でたまにしていた。足腰なども鍛えられてお勧めである。また景色も楽しめていい気分転換にもなる。




スノーボード

f:id:yassanad:20170902214839j:plain



スノーボードにはまっていたころは冬になると毎週のようにゲレンデへ行っていた。その割にはあまり上達しなかったが…
スノボを辞めるきっかけになったのは板の盗難にあったからである。
レストハウスへトイレ休憩にいき、外に出ると板がなくなっていた。まさか自分が盗難にあうとは…

盗難には気をつけましょう。



f:id:yassanad:20170903115210j:plain



車は今でも好きである。独身時代はよくサーキットなどへ走りに行くこともあった。車を趣味にするにはお金がかかる。所帯を持つと車にはお金はかけれなくなり自分の乗りたい車には乗れない。
いつかまた好きな車に乗りたいものだ。


トミカ No.117 ポルシェ 911 カレラ (箱)

トミカ No.117 ポルシェ 911 カレラ (箱)

これで充分。




バドミントン

f:id:yassanad:20170903115942j:plain



バドミントンは一時期毎日のように行っていた。バドミントンは奥が深い。基本ダブルスをしていたがパートナーとの相性なども重要で色々な動き方がある。
フットワークも大事になってくる。スマッシュなどが決まったときは気持ちいいのである。バドミントンシューズやラケットも3本持っているが最近はなかなか行けていない。



音楽

f:id:yassanad:20170904122341j:plain





音楽が嫌いな人はいないと思う。私が音楽に目覚めたのは中学生ぐらいの時であった。中学、高校生ぐらいのときは音楽に対してすごい偏見を持っていて、邦楽、洋楽パンクロックが全てだと思っていた。今は色んなジャンルを嗜むようになり、JPOPからロック、ヒップホップ、R&B、ジャズなど、良いなと思う物は貪り聴いている。



野球

f:id:yassanad:20170904123831j:plain




野球は好きである。
小さいころから高校生まで野球一筋だった。野球始めたお陰で身体が丈夫になったのかもしれない。一応プロ野球選手が夢だったのだ(笑)
今でも草野球を細々と続けている。




読書

f:id:yassanad:20170904124831j:plain




読書は楽しい。お金もかからないし最高の趣味だ。基本的に面白そうだと思った本を読んでいる。たまに本を読んでいると「偉いなー」とか「勉強してるの?」とか言われることがあるが勉強の為に読んでいる訳でもないしなにが偉いのかよくわからない。
ただただ楽しむだけである。




マラソン

f:id:yassanad:20170904125544j:plain




マラソンは今1番の趣味である。始めてかれこれ7年ぐらいだ。私もマラソンの魅力に取り付かれてしまった。マラソンブームでマラソン大会も色んな所で開催されるようになった。大きい有名な大会は抽選で当たらないと出場できないほどである。
なぜそこまでして皆走りたいのか。完走後の達成感やタイムが縮んだときの喜びなどハマっていく要素は色々あるのだろう。







以上、こうして見ると色々してきたなと思う。多趣味なのはいいが時間を作るのが大変である。1日が後2時間長ければななどと思うのでした。

マラソン初心者が陥りやすいランニング障害

昨今のマラソンブームで、走っている人が本当に多くなった。
私もマラソンを始めてかれこれ7年になる。もうランニングは日々のルーティンになってしまい辞める事ができない。完全に中毒だろう。
そんなマラソンだが実際走っている人はわかって貰えると思うが常に故障と隣り合わせにある。特に初心者は気をつけなければならない。
私も始めた頃は故障に悩まされた。
という訳でマラソン初心者が陥りやすいランニング障害をあげてみようと思う。



f:id:yassanad:20170826204142j:plain



腸脛靱帯炎(ランナー膝)




f:id:yassanad:20170827220024j:plain




代表的なランニング障害


腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表である。別名「ランナー膝」とも言われ、マラソンランナーに多い障害である。 膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触(こすれる)して炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発しやすい。


「足が曲がった状態から伸ばした時」や「地面を蹴った時」にきしむような痛みや違和感として表れ、初期症状の時は休むと痛みはひくが、進行すると慢性的な痛みを感じる。これは、ランニングだけでなく、登山や階段の下り動作で負担が大きくなり、膝の外側の骨と靭帯がこすれて摩擦が生じ、炎症化する障害である。
私もマラソン始めたばかりの頃に1度なったことがあり苦しい思いをした事があった。サポーターに頼ってフルマラソンに出場した事もあったが無理をし過ぎて5ヶ月ぐらいは痛みを抱えていた。


このサポーターなかなか良かったがもうお世話にならないようにしたい。




シンスプリメント

(シン)=脛、すね、である。「弁慶の泣きどころ」ともいう。過労性(脛骨)骨膜炎、過労性脛部痛、脛骨内側症候群などとも呼ばれているそうだ。





f:id:yassanad:20170829125655j:plain






これまたオーバーユース症の1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害。過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、硬い路面、薄く硬いシューズ、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因。病態は下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下、特にヒラメ筋を主として後脛骨筋、長趾屈筋付着部が脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して微細損傷(骨膜炎)をきたし、下腿内側の痛みを発生させるもの。
シンスプリメントはなったことがないがこれもランナーには多い怪我である。



疲労骨折

ボキッと折れる外傷的な骨折とは違い、なんとなく痛みが引かずに長引くとき、疲労骨折の疑いありです。ランニングのように着地の衝撃、それが小さな力でも特定の部位に継続的にストレスを与え続けると骨にヒビが入るという症状であらわれる。


走る距離が伸びてきたり、練習強度が高まってきたときに起きやすく、これもやはり「オーバーユース=使い過ぎ」が原因である。

疲労骨折はどのくらいかにもよるが治りが遅くレントゲンなどでこまめに経過を確かめながらリハビリなどで治療していきます。また1度骨折した部位は再発にも注意が必要である。ゆっくり様子を見ながらランニングを再開していく必要がある。

私も1度やったことがあり5ヶ月ぐらいまともに走れなかった。






アキレス腱炎

ランナーの中でも“蹴るタイプ”のランナーに多いのがアキレス腱炎である。ピッチ走法よりストライド走法のランナーが陥りやすいのではないか。どちらかと言えば短距離ランナーの方が多い。


階段の上りや上り坂で痛みを伴う。蹴る動作、もしくはそれに近い動きをする時、アキレス腱に負担が掛かる。




f:id:yassanad:20170829150843j:plain





足底筋膜炎


読んで字のごとく、足裏にある筋膜や腱に炎症が起きるスポーツ障害である。これもまたランニングなどによる繰り返し動作によって引き起こす。
表面が硬いロードを走るランナーにとって足底筋膜炎は身近な怪我と言える。



f:id:yassanad:20170829125843j:plain







以上、代表的な故障をあげたがこれらに共通して言えることはやはりオーバーユース(練習し過ぎ)ではないだろうか。
何事も腹8分目、腹8分目に医者要らずである。
怪我なく長くランニングを楽しみたいものですね。

読書はアウトプットが99%だそう

読書はアウトプットが99%という本を読んだ。
アウトプットがスーパー苦手な私にはぴったりじゃないかと書店で手に取った。
せっかく読んだので早速アウトプットしてみよう。

f:id:yassanad:20170825150839j:plain




《要約》

この本は読書によって得た知識を吐き出すことを推奨している。
私もなにかで聞いたことがあったが得た知識を他の誰かと共有したりなにかで伝えることでより得た事が身に付くということを。
 あげられている内容をあげてみる。

  1. もっと本の話を誰かとしよう
  2. 速読よりも乱読せよ
  3. 読書を最高の自己投資にする技術
  4. お金を稼ぐ人は本をこう読む
  5. 私はこんな本を読んできた。

どの章もなかなか興味を湧かせる内容になっている。

本のタイトルといちばん関わりが深いのは第一章だろう。

アウトプットすることがなぜ大事なのか、アウトプットの仕方にはどのようなものがあるか、といったことがまとめられている。


「話す」

 本の内容は人に話すことで鮮明に記憶され、学んだことをいつでも取り出しやすく(思い出しやすく)なる。また、話すことで自分がその本の何を理解して、何を理解していないのかもよくわかる。

「書く」

 書く作業は、本の内容をより深く理解する手助けになります。こうやってレビューを書く事もアウトプットに繋がっている。学生時代、授業で習ったことを先生によく「書いて覚えろ」と言われたのはこういうことだろう。自分なりに読書ノートなるものを作ってまとめてみるのも良いかもしれない。


「行動に移す」

 本に書いてあることは、ひとつでもいいから実践すべき。特にビジネス書は読むだけでは意味がない。よくあるのが読んで満足してそこで終わりのパターン。
私にも言えているあるあるパターンだ。
行動に移すためには前項であげた「話す」「書く」ことで少しでも記憶する事が大事かと。


《感想》

読書だけでなく何事にも当てはまる内容だと思う。
私の場合は基本面白い本を見つけ楽しむ事が一番で、こういった意識の高い読み方をしないのでいつまで経っても発想力や文章力が向上しないへっぽこブロガーなのだろう。
少しでも面白おかしい、そして価値のある記事を書きたいと思うのでした。