多趣味人間の自己満的BLOG

マラソンを走り本を読みお洒落を極めて日々リア充したいと願う絶好調主義アラサーサラリーマンの物語。

読書

《読書》マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる! (田中猛雄) を読了

ゆっくり走る人の為の本ではなく常に速いスピードで走っていて故障などに悩まされている人や記録が伸び悩んでいる人にはお薦めかもです。自分もポイント練習とのメリハリがなく今日はゆっくり走ろうと思ってもついついスピードをあげてしまう。それが故障に…

《読書》【お金の9割は意欲とセンスだ】 (千田 琢哉 ) を読んでみた。

私生活になくてはならないお金。お金を如何にして稼ぐか。稼いでいる人と稼げていない人の差はなんなのか。基本サラリーマン目線で書かれている本でした。 納得できた所を何点かあげてみる。 「サラリーマンなら正々堂々出世を目指す」 世の中には独立して成…

《読書》察しない男説明しない女 五百田達成

書店で面白そうだなーと思い購入、読んでみた。聞けばこの本の事を電車の吊革とかにも貼ってあり宣伝してあったみたいです。言われてみれば見た記憶があるかも。 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方作者: 五百田達成出版社/メーカー…

《読書》風が強く吹いている 三浦 しをん

灰二は天才ランナー走と出会い本気で箱根駅伝を目指す。走が入った竹青荘は寛政大学の陸上部の寮だった。 10人ギリギリ、しかも灰二と走以外は完全な素人で箱根駅伝を目指すという普通に考えたら無謀な挑戦である。ページ数がかなりあった割にはさくっと読む…

《読書》ファーストクラスに乗る人のお金 中谷彰宏

勉強はしたいけど、勉強代がないのでできないと言っている人。 どうしたら稼げるようになるかを、考えている人。 自分も家族にも、お金持ちになる人の習慣を身につけたい人。 の為の本と書かれている。 ファーストクラスに乗る人のお金―自分の器が大きくなる…