多趣味人間の自己満的BLOG

発想力、文章力が3流のリア充野郎のブログ。

《読書》火車 (宮部みゆき) を読了

宮部みゆき火車を読んだ。宮部みゆきの本を読むのは初めてでとりあえず有名な火車を読むことに。


主人公、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。
彰子は失踪、その背景にあるのは多重債務者や自己破産者を多く作りだしてしまったカード社会だった。


フィクションだけどカードローン、自己破産に関しては実社会でも沢山溢れている事だろう。


債務を抱えている人や破産した当事者だけが非難される事が多いが、手軽にお金を借りカード一つですぐに物が手にはいる社会の構造にもしっかり目を向けないといけないと思った。


失踪した彰子を捜していく過程においては、予想を覆されたり恐ろしいなと鳥肌たつような内容でした。これぞミステリー小説。
東野圭吾のような推理小説とはまた違った良さがあり楽しめました。



火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)