読書はアウトプットが99%だそう

読書はアウトプットが99%という本を読んだ。
アウトプットがスーパー苦手な私にはぴったりじゃないかと書店で手に取った。
せっかく読んだので早速アウトプットしてみよう。

f:id:yassanad:20170825150839j:plain




《要約》

この本は読書によって得た知識を吐き出すことを推奨している。
私もなにかで聞いたことがあったが得た知識を他の誰かと共有したりなにかで伝えることでより得た事が身に付くということを。
 あげられている内容をあげてみる。

  1. もっと本の話を誰かとしよう
  2. 速読よりも乱読せよ
  3. 読書を最高の自己投資にする技術
  4. お金を稼ぐ人は本をこう読む
  5. 私はこんな本を読んできた。

どの章もなかなか興味を湧かせる内容になっている。

本のタイトルといちばん関わりが深いのは第一章だろう。

アウトプットすることがなぜ大事なのか、アウトプットの仕方にはどのようなものがあるか、といったことがまとめられている。


「話す」

 本の内容は人に話すことで鮮明に記憶され、学んだことをいつでも取り出しやすく(思い出しやすく)なる。また、話すことで自分がその本の何を理解して、何を理解していないのかもよくわかる。

「書く」

 書く作業は、本の内容をより深く理解する手助けになります。こうやってレビューを書く事もアウトプットに繋がっている。学生時代、授業で習ったことを先生によく「書いて覚えろ」と言われたのはこういうことだろう。自分なりに読書ノートなるものを作ってまとめてみるのも良いかもしれない。


「行動に移す」

 本に書いてあることは、ひとつでもいいから実践すべき。特にビジネス書は読むだけでは意味がない。よくあるのが読んで満足してそこで終わりのパターン。
私にも言えているあるあるパターンだ。
行動に移すためには前項であげた「話す」「書く」ことで少しでも記憶する事が大事かと。


《感想》

読書だけでなく何事にも当てはまる内容だと思う。
私の場合は基本面白い本を見つけ楽しむ事が一番で、こういった意識の高い読み方をしないのでいつまで経っても発想力や文章力が向上しないへっぽこブロガーなのだろう。
少しでも面白おかしい、そして価値のある記事を書きたいと思うのでした。