走るサラリーマン生涯現役ランナーを目指す

落ちこぼれだって必死に努力すりゃエリートを超えることがあるかもよ? マラソン、読書中毒者のブログ

今日は久しぶりに水泳トレを行った

f:id:yassanad:20170922222013j:plain





4日程前から左足ハムストリングにはりがあったため今週はスピード練習を控え、プールにて水泳トレーニングを行った。少し泳ぐだけでも心拍数があげられるのでお勧めである。1キロも泳いでいないのだが普段あまり使う事のない筋肉や体幹によくきいた。特に上半身。バランスよく身体が鍛えられているのが凄くわかる。水泳には色んな効果があると言われている。




全身運動のため消費エネルギーが高い


見ていてわかると思うが水泳は、他の運動と比べて、全身の筋肉を大きく動かす運動である。さらに、水の抵抗もあるため、消費カロリーも大きくなる。短時間で効率的にエネルギー消費が行える点で、ダイエットにも最適なのだ。




有酸素運動はクロールが1番


泳ぎ方には、平泳ぎやクロール、背泳ぎ、バタフライなどがあるのだが有酸素運動を効率的に行えるのは、クロールだといわれているそうだ。



疲労回復効果


水泳は、疲労回復効果がある。水圧による筋肉疲労回復効果が一つの理由だそうだ。水泳は、そもそも全身を動かして行う運動なので、全身のアクティブレスト(積極的休養)につながるのだ。また、水中は、適度な水圧で、血流が増進するため、筋肉疲れにも有効だといわれている。
また、泳ぐと心臓と下半身が平行になるため、下半身にたまりがちな疲労物質や老廃物が流れやすくなり、血液循環が促進するためそれらも流れやすくなる。その意味でも、水泳は疲労回復におすすめである。
また泳ぐだけでなく水中ウォーキングでも疲労回復効果があるので泳ぎは苦手な人にはウォーキングをお勧めしたい。


良い気分転換になった

f:id:yassanad:20170922224242j:plain




故障中で走れない時はプール通いをよくしていた。
日々のトレーニングで疲れが溜まっているなと感じた時には水泳トレーニングを取り入れるのもありだなと思う。
たまには違ったトレーニングを取り入れるのも良い気分転換になるのだ。
ランナーの皆様、水泳は良いですよ。